【介護で起業? 創業塾 】 創業 ・ 起業 – 群馬県 桐生市 介護 事業

介護業界で起業するには??

桐生プライマリーグループ社主催の介護業で起業するための「創業塾」第2期生の初回講座に参加してきました。

 
介護業界で非常識なコトをやる!そうでないと淘汰の時代に生き残れない!
 
代表で塾長の梅澤伸嘉氏の話はウィットにとんだ楽しいくも切実な話でした。
 

非常識を狙う?

業界の中にいると業界の普通に流されてしまう。だから他業界の人の意見やアイデアを大切に業界らしからぬことを、つまり業界の非常識をやっていかなくては生き残れない!
 
ホントその通りです。これは介護業界だけの話ではありませんね!
 
自分の業界もそうですが、あなたの業界でも言えることです!
 
つまりあなたの業界で当たり前のことは、他業界では非常識なことだったりするわけです。
 
これは、今やっている飲食店の販売促進コンサルでも言えることです。先日店主との話の中で、食材について説明を受けました。
業界では当たり前の常識的なことだと言ってましたが、そのことみんな知ってるとは限りません!そういうことを情報として発信することで「なるほど!」と潜在顧客にアプローチすることが出来るのです!
 

情報発信=販売促進活動

介護業界は、なんとなくイメージが出来上がって来ています。その出来上がったイメージの中にいてはビジネス自体が上手く行きません;;

例えば、介護業界ではやらい情報発信(販促活動)をやる!!他業種では当たり前のコトでも介護業界ではやったことがないコトをやる!そこから出来上がったイメージを少しずつ変えていく!!

近々に提案していきます!!介護業界での情報発信(販促活動)をプライマリーグループ発信で変えていきます!!

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
地元循環型社会の仕組み作り
桐生 群馬県 地域活性
スナガケイイチ (須永圭一)

介護業界で創業する方、しない方、創業まもないあなたへ

淘汰の時代と言われる介護業界ですが、フラッグシップ(企業理念)、コンセプト、情報発信で生き残ることは充分出来ます。

また2025年問題のように、超高齢社会に対して介護職員が38万人不足すると言われています。社会に対する使命は重要度は更に増していきます。

ある意味、介護職員を確保したところが成功するビジネスモデルになりつつあるのです。介護職員を確保するには、フラッグシップ(企業理念)、施設のコンセプトの明確化、それに研修制度の充実とそれらを伝えていく情報発信が明暗を分ける重要なファクターになります。

時代はウェブを使った情報発信(販売促進)がメインになりつつ、重要度を増しています。情報発信(販売促進)には効果的なやり方・方法があります。

私ならあなたのお役に立つことができます。

※先日、桐生商工会議所主催の『創業塾』セミナーでお伝えした「コストをかけない販売促進(情報発信)」の内容を知りたい方は、セミナー動画をDVDに入れて差し上げます!!

「セミナー動画のDVD欲しい!」とご連絡ください!!ぜひ生き残り販売促進の参考にしてください!

セミナー動画のDVD欲しい、講座、スクール、コンサルなどお問合せはお気軽に!

お名前
姓(必須)

名(必須)

社名・屋号名または職業・職種名(必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

  1. 【桐生商工会議所 アポ】地元循環型社会の仕組み作り – 群…

  2. 【飲み過ぎました、、、】- シニア起業 50代 55歳 60代の起業・…

  3. 【ハローワークに求人を、】- シニア起業 50代 55歳 60代の起業…

  4. 【認知症サポーター養成講座に参加】介護・認知症 – 群馬県 桐生

  5. 【Uターン介護起業】- シニア起業 50代 55歳 60代の起業・副業…

  6. 【Return home for nursing care 介護帰省】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事 おすすめ記事